*

ホームカットが上手くいかない訳なのです

   

埼玉県深谷市にある美容室museeで働いているちょっとおしゃれでとっても可愛いスタイルが大好きなスタイリストの東郷です。

みなさんは美容師がカット出来るようになるまで…を知ってますか?

コロナでステイホームになったとき、美容師さんが自分でカットが出来るようにと、動画をアップしていたりしたけど

それをみて、ちょっとカットしてみたお客様から「カットって簡単そうに見えて難しいね」と言われたりして。

そう、カットって難しいのです

美容師さんってカット早いから、何だか真似してできちゃうかも?って思うけど

美容師さんはお客様をカットするまで練習します

まずは人形を使って、繰り返しのカット練習をやって

そしてテストを受けて…

テストに受かったら今度はスタイルブックのとおりにカット出来るか習って

デッサンやって、展開図を書く練習して…

さまざまな練習とテストを繰り返して

やっとモデルカットになるのです

モデルも何十人もカットします

そして最後にモデルテストをオーナーに受けて

合格したら晴れてデビュー( ´ ▽ ` )

カットは美容師さんの練習の中でいちばん時間のかかる項目なのです

私たちはモデルカットに入るとカットの図面でもある展開図を書く。

これ繰り返してお客様とのカウンセリングの中で頭の中で展開図を書けるようになる。

サロンワーク中で美容師さんが難しそうにカットしてたら嫌ですよね…

この人、大丈夫ってちょっと不安?笑

だからこそ美容師さんは練習の繰り返し。

カットってそれくらいやらないと

簡単に早くお客様のオーダーどおりには答えられないのです

今は渋谷がおやすみなどにカットモデルを入れているけど、その1つ1つの積み重ねが、お客様のハッピーにつながるから、みんな大変なんて思わず楽しそうにモデルカットに励むのです( ´ ▽ ` )

だから、前髪だけでもぜひミューゼに来てくださいね( ´ ▽ ` )笑

パッとみてイメージを決めるのは前髪ですから。

かなり大事なポイントだから、私たちプロにお任せしてもらいたいなぁって。

カットって見るよりも実際カットしてみるほうが何倍も難しい。

でも私たちプロは難しいからこそ、やりがいがあるのです( ´ ▽ ` )

 - musee