*

宝物になりそうな一冊

   

埼玉県深谷市にある美容室museeで働いているちょっとおしゃれでとっても可愛いスタイルが大好きなスタイリストの東郷です。

とっても良かった。泣けた。

原田マハさんの「キネマの神様」

原田マハさんは自粛休業中に「本日はお日柄も良く」からはまり何冊か読んだけど

キネマの神様は志村けんさんが主演で映画化すると聞いてたのしみにしていたけど、撮影前に亡くなってしまい実に残念で仕方ない。

私は映画を観る前に原作を読んで行くのが楽しみで以前から映画化されるものは必ず原作を読んでから観に行く。

ネタバレしない程度におはなししたいけど、この作品は映画の話でもあるけど親子の話でもある。

無職の娘とダメな父。映画の話でもあるけど親子の関係性も描いている作品だと思う。

だらしないながらも家族想いで、誰にでも親しみを持って接し、そして映画をこよなく愛し、これが自身や家族の生活をも変えていく…

私は父を今年の初めに亡くしましたが、これを読んで父がとても恋しくなったり、親子っていいなぁって感じたり…

あぁ、この作品を父と映画館で観ることができたらよかったなぁ。なんて感じたり。

日々の当たり前の出来事が、何よりもステキなことだと思わせる作品だった。

やっぱり私は原田マハさんが好き。

映画化されるキネマの神様はこんど主演が決まって、私の母が大ファンの沢田研二さんがやるらしい。どうやら志村けんさんとはかなり仲良しみたいです

ぜひ映画化されたら観に行こうと思う。

 - musee