*

かなり大好きな一冊です

   

こんにちは、トップスタイリストの東郷美香です。

今回のブログでは、休業中に読んで良かったオススメの一冊をご紹介です。

休業中は原田マハさんにハマってしまい、何冊か読んでみました。

その中でもオススメは、以前映画?かドラマにもなった

「本日はお日柄もよく」

です( ´ ▽ ` )

私が作者の原田マハさんに惹かれたのは、ユーモアのセンスも程よくてなんて引き出しの多い作家さんなんだろう…と感じたからです。

本の最後の締めにまたしてもマハさんにやられた~と思わされた事も多いです。

ネタバレしない程度にご紹介すると、この物語は主人公が少し想いをよせていた幼馴染の結婚式に出席するところから始まります。

私も友人の結婚式で代表スピーチはしたことあるけど、この主人公はなんだか乗り気じゃないこの結婚式に参加してある1人の女性が読むスピーチに心を動かされるところから始まります。

1人の女性のスピーチは、電光石火、理路整然、軽妙洒脱、拍手喝采、私は号泣と鮮烈な忘れ難いインパクトを言葉で表現されているのですが、

「こうして私は出会ったのです。言葉のプロフェッショナル、スピーチライター、久遠久美に」

こう言う言葉の伝え方が、とても素敵であっという間に読んでしまいました。

言葉の力って本当に不思議で、言葉の使い方1つで相手への伝わり方も変わってしまいます。

言葉の持つ力に、それを自在に操るスピーチライターと言う仕事に惹かれていく主人公の話を上手に前半と後半に大きく分けて物語は進みます。

あの人が魅力的だから言葉が輝いているのか、それとも言葉が魅力的だからあの人が輝いて見えるのか。

スピーチライターの仕事の素晴らしさや魅力がとても伝わりやすいこちらの一冊は、私はとってもオススメです。

どんな話か、気になると感じる方はぜひ読んでみて感想聞かせてくださいね

( ´ ▽ ` )

ミューゼスタイリスト

トウゴウブログ

 - musee