*

一升餅背負えるかな??

   

こんにちはMuseeの竹沢です!

今年に入りうちの子も1歳になりました。

.

.

そうすると良く耳にする「一升餅を背負わせる」ウチでもやったのですが、何故1歳の時に一升餅を背負わせるのでしょう??

何となく疑問に思って調べてみると…

.

お子さまの1歳の誕生日に、この一升餅をかつがせる風習が今でも日本各地に伝わっています。

.

まだ体も小さく1歳になったばかりのお子さまに、こんなに大きなお餅(ちなみに一升餅は1800グラム)を背負わせるのは何故でしょう!?

.

米作文化の日本人にとって、お餅は特別な意味を持つ食べ物であったため、出産・誕生・祭り・正月・五節句などのハレの日には必ずお餅をついてお祝いしてきました。

.

昔は赤ちゃんが1歳になるまで無事育つことが難しかったこともあり、「1歳の誕生日」には特別な意味がありました。

.

一升餅の「一升(いっしょう)」には、お子さまのこれからの人生=「一生(いっしょう)」の意味が掛けられており、おめでたいお餅と合わせることで「一生食べ物に困らないように」 「一生健康でありますように」といった願いが込められています。

.

また、一升餅の丸く平たい形には「一生円満に過ごせるように」という意味合いもあるようです。

.

昔の人はこの大きなお餅にお子さまの成長を願い、様々な気持ちを託したのでしょう。

.

.

一升餅の呼び名は地域によって異なります。

「一升餅」が最もポピュラーですが、地域によっては「誕生餅」「餅背負い」「力餅」などとも呼ばれています。

.

また餅をかつぐのではなく、草履をはかせて餅の上に立たせる地域では「餅踏み」「踏み餅」などと呼ばれています。

.

昔の習わし、気になって調べてみると、その物事に価値観がついて、ただやるよりも知ってやる方が絶対に気持ちが込もりますね(^o^)

 - musee