*

5月5日子供の日は端午の節句

   

こんにちは!

.

.

5月5日は国民の祝日GWですね!!

そしてこの日はこどもの日、そして端午の節句です。

.

.

.

.

日本では奈良時代に中国から伝わる風習です。

端午の端は月の端(はし)で始まりという意味でです。

つまり端午は月の始めの午の日のことを言います。

.

必ず5月に行われる行事ではなく、午(ご)が五(ご)に通じることから5日を指すようになりました。

さらに5が重なる5月5日を端午の節句にする事になりました。

.

.

.

.

鎌倉時代に入ると男性中心の世の中になります。

武士の力が強くなって行った時代です。

.

葉の形が剣に似ていることから兜に菖蒲(しょうぶ)を飾った。

菖蒲は勝負や尚武(しょうぶ)ぶどうを重んじること、武士の間では縁起がよいと盛んに行われるようになります。

.

そして兜など自分の身を守るための象徴であると言われているため

神社のお参りで奉納する風習も生まれてきて兜を飾る風習が定着していったので男の子を祝うお祭りへと変わって行ったのです。

.

.

物事には意味があります。

それがわかると何でと思っている事も納得しますねっ!!

 - musee